「偏向報道やめて」バンドをこつこつ売ってる人のチラシの裏
ホワイトバンド300円てボッタクリじゃね?と検証すべく、シリコンバンドを105円(税込み)で売ってる暇人のダラダラ日記。はいはい、中二病ですよ^^
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【保守】「国益守り抜く」冷徹さも【リベラル】
きのう日経よんでたら
編集委員の春原剛氏がパウエルさんにインタビューしてる記事がのってた。
インタビューの感想が面白かったので一部抜粋。

見出しが『「国益守り抜く」冷徹さも』

>かつて共和・民主両党で「大統領候補」と目されたパウエル氏は外交政策では「現実派」とされ、
>国内問題では「リベラル派」と分類されている。
(中略)
>政権離脱の経緯などから、日本ではパウエル氏に「判官びいき」の目線を送る風潮も強い。
>だが「核兵器の全廃」に否定的な姿勢を見せたように、米国の政治指導層に共通する冷徹な
>顔を持ち合わせてることも忘れてはならない。
>「あらゆる局面において自らの国益を守り抜く」。その点において、米国の保守派もリベラル派も
>大差はない。「パウエル流現実主義」は改めてその事実を痛感させた。

たとえば「教室をキレイにしましょう」という目標は、
裏を返せば「教室が汚い」という現状をふまえてるわけで。
このインタビュー後記もそんな感じで読むと面白いんじゃね?

春原氏が「国益を守り抜くアメリカ指導層」を「冷徹」と感じたのは
裏を返せば日本の指導層は(ry
「国益を守るという点で、米国の保守派もリベラル派も大差はない」と「痛感」したのは
裏を返せば(ry
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。